看護師特有の人間関係の悩みは転職でリセット

祖母が病気になったことがきっかけで、看護師に憧れを抱くようになりました。幼い頃、必死に祖母の介抱をしてくれた看護師が素晴らしく、私の目にはかっこよく写ったんです。

そういう経緯もあり、長年の夢だった看護師になって4年、なんとか仕事も覚えてそれなりに戦力になるまでになりました。まだまだ細かい部分でいたらない部分はありますが、新人の頃に比べれば格段に動けるようにはなりました。しかし、人間関係でちょっとした悩みを抱えているんです。

というのも、看護師の2年先輩である女性が、私にだけ異様にきつくあたってくるのです。例えば、他の人が同じことをすれば褒めるのに、私の場合にはなぜか怒られてしまうんですよね。正直いって何が原因なのかもわからないだけに、対処のしようもなく、ほとほと困っていました。しばらくは我慢して働いていましたが、精神的に限界になって、ついには退職するまで追い込まれてしまったんです。人間関係の悩みはどこもつきにもかもしれませんが、もうあの職場で働くことはできません。

心が折れてしまったけれど、看護師として働きたい気持ちはあったので、思い切って別の職場へと転職をしました。

待遇的には同じぐらいの好条件でしたが、働く職場関係はみんな対等で上下関係もありません。変に偉そうにしている人もいないのでとても働きやすく、仕事に集中できる職場ですね。

やはり悩んでいても始まらないし、人間関係をよくするのって難しいですから、私が転職をすることで悩みも自然と解決できました。
あのまま悩んでいたらと思うと今でもどうなっていたかわかりません。

働く職場はたくさんあるので、もしまた同じように悩んだら転職をして人間関係のリセットをしたいです。

 

人間関係の悩みを抱えた看護師のストレス発散法

看護師というのは、お給料も高くて社会的地位も高く、尚且つ経済的に自立した女性と見られる非常に良い仕事です。しかし、外からは非常に華やかに見られることも多いこの看護師という職業ですが、実際に病院やクリニック等で働いている看護師当人は、様々な悩みをもって生活しているものです。特に多いのは、人間関係の悩みです。看護師業界は女性社会ですので、余計に人間関係に関する悩みが発生しやすい環境にあるのです。

もしも、看護師として病院で働く人が人間関係の悩みを抱えてしまった場合、一体どのようにしてストレス発散をしているのでしょうか。看護師というのは、人の命を預かる大切な職業ですから、とにかく自分がまずはストレス発散して、元気な笑顔で患者さんに対して接することが出来なければいけないのです。

まず、アフターファイブは、とにかくカラオケに行って自分が好きな歌を歌いまくって、ストレス発散するという人は非常に多いです。最近は一人カラオケというのも流行していますし、何と一人カラオケ専用のお店まである位ですから、忙しくて同僚等をなかなか誘えない看護師であっても、気軽にカラオケを楽しめるようになりました。更にカラオケで思いっきり歌えば、ストレス発散だけでなく、カロリー消費も出来ますので、ダイエット効果もあって一石二鳥です。

それから休日には、デパートや百貨店に行って、思いっきりショッピングを楽しんでストレス発散するというのも有効的です。看護師はお給料が良いので、少し位ブランドアイテムを買っても生活に影響がないことがほとんどです。普段ストレスの溜まる仕事をこなしているのですから、たまには頑張っている自分に対してご褒美を買ってあげても良いのです。

 

看護師の世界にも人間関係の悩みは多いです

看護師として十五年ほど働いていますが、この職種でもやはり人間関係の悩みはつきもので、退職理由になっている方も少なくありません。私も以前勤めていた病院では、かなり年上の先輩看護師も多く、あっさりした方もいれば、とても非協力的な意地悪な方もおり、さんざん悩まされてきました。

看護師という仕事は、患者さんに不安を与えないように、常に元気ではつらつとして笑顔でいなければいけないと思うのですが、あまりにひどい人間関係の悩みに陥っていると、心も身体も病気になってしまいます。今日は嫌な人との勤務だなと思うと、朝から憂鬱だし、やはり勤務中に顔に出てしまっているのか、患者さんから元気がないねといわれてしまったり、プロとして失格だなと自己嫌悪に陥ってしまうこともありました。

人間関係の悩みは、どんな職場、私生活でもあるとは思いますが、とても自分では納得できないような理不尽な対応をされると、やはり心は拒否反応を示してしまい受け入れられません。上司にも相談し解決を図ろうとしましたが、やはり私が心から仕事に全力投球できない環境はストレスがたまるだけなので、これ以上不健全な状態になりたくないと思い転職を決めました。

今はとてもアットホームなクリニックで働いており、仕事にもやりがいを感じています。このクリニックで働いている看護師さんは、家庭を持っている方も多く皆それぞれですが、あらゆる場面で協力し合おうという精神が高いので、とても働きやすいです。

誰かが大変な思いをするのではなく、皆がお互い様という気持ちで仕事を進めるので、本当に皆さん明るくて楽しい職場です。仕事内容は依然ハードですが、以前よりも元気に働けている気がしています。

 

看護師として働く私が見つけた人間関係の悩みを解決する方法

看護師というのは、社会的な地位もあってお給料も安定しており、世の中の多くの女性が憧れとする職業の一つであります。しかし、理想と現実というのは常に違うもので、実際に看護師になって勤務してみると、様々な人間関係の悩みに悩まされることになり、看護師というのも楽ではないなということが分かるようになります。

しかし、人間関係の悩みを解決する方法というのも、看護師としての生活が長くなるに従って、自然に身についてくるものです。基本的に看護師業界は女性ですので、人間関係に関する悩みをあまり持ちたくないと思うのならば、常に相手を褒めることを言えばいいのです。女性というのは、とにかく、面白い位におだてに弱い生き物です。なので、苦手だと思っている同僚や上司に対して、自分なんかよりずっと注射するのが上手ですねだとか、自分よりもずっと患者さんへの対応が上手ですね等々と、褒めちぎるようにすれば良いのです。

褒められたりおだてられたりして嫌な思いをする女性というのはあまりいません。まさに女性というのは、基本的には褒められて伸びる生き物なのです。相手を褒めることは人間関係を円滑にいかせる為には、非常に重要になってきます。

それから、女性というのは、基本的に嫉妬が激しい生き物ですので、とにかく職場等にはブランドアイテムを持って行かないように質素に振る舞うのが一番です。看護師の女性は、特に普通の女性よりも地位も給料も高いことで、プライドが高い人が多く、その為ブランドアイテムをいつも職場に持ってくる他の女性のことが気になって仕方なくなります。なので、いくら自分がブランドアイテムが好きで沢山持っていたとしても、病院等には持ってこないようにした方が無難です。

 

看護師になったが人間関係の悩みは尽きません

私は、とにかく昔から看護師になって病院やクリニック等で働くことを目標としていました。看護師は、昔から白衣の天使と呼ばれており、女の子からは特に人気の職業でありました。しかし、自分が実際に看護師の資格を取得して、憧れの病院に就職を決めると、現実はそれ程簡単なことばかりではない、ということを思い知らされる結果になったのです。

確かに看護師の仕事は、患者さんにもとても感謝され、とてもやりがいのある仕事ではあります。でも、いかんせん、人間関係の悩みが次々と沸いてくる仕事なので、とっても辛いです。私が勤務している病院の入院患者さんは、ほとんどが良い人なのですが、やはりそこは病人で、中には長年の闘病生活に疲れ切ってしまって、性格が荒んでいる人もいるものです。

そのような患者さんには、しょっちゅう文句を言われました。注射が下手だから別の上手な人に代わって欲しいと、とげのある言い方をしてもきます。しかし、患者というのは、病気や怪我を抱えて大変な人達なのだから、まだ我慢出来ると思いました。

もっと大変なのは、一緒に働く同僚や上司間の人間関係の悩みです。とにかく看護師業界というのは、基本的には女性しかおりませんので、それこそ女子高のようなギスギスとした雰囲気が常に漂っているものです。

基本的に、皆、揚げ足取りが大好きです。何故なら、女性というのは常に同性に嫉妬する生き物であるからです。私も看護師業界では、人間関係の悩みが多いということを、ある程度は就職する前に聞いていて、覚悟は出来ているつもりでしたが、まさかここまで大変だったとは全く想像出来ていませんでした。しかし、厳しい人間関係にもまれて日々の生活を送っていくことで、強い精神力が鍛えられるのもまた事実です。

 

人間関係の悩みで看護師を辞めた体験

私は看護師として勤務していたこともあり、その当時は本当に様々な仕事内容を経験させてもらい、人間的にもとても成長することが出来たと思います。しかし看護師として勤務していた頃は、とにかく人間関係の悩みが絶えずにいて、ついに耐えられなくなった私は仕事を辞めることにしたのです。

看護師は基本病院やクリニックが職場となるのですが、とにかく女社会でしたので、人間関係に対する悩みは尽きませんでした。常に看護師同士で派閥を作っており、どこかに所属していないと陰口を叩かれるという始末でした。

なので看護師として上手くやっていくコツは、とにかく臨機応変に、色々な人に良い顔が出来る能力を身に着けることだと、今でも自身を持っていうことが出来ます。私はそのような器用なことが出来なかったので、結局、人間関係による悩みが原因で看護師の仕事を辞めることになってしまいました。この業界ではとにかく几帳面で真面目である人こそ、早期退職に追い込まれていく傾向があるのです。

一番私が病院に勤務していた時代で辛かったことは、女性の同僚が私のことを何かと嫉妬して目の敵にして、私を陥れようとしてきたことでした。その同僚はとにかく私のことが嫌いだったらしく、ちょっと私が仕事上で失敗すると、まるで鬼の首を取ったようにして喜び、喜んでそのミスを上司に報告するのです。私はこの性格の悪い同僚と一緒に色々な仕事をすることが多かったので、本当に出勤するのが辛くて辛くてたまらなかったものです。

看護師業界の人間関係の厳しさに負けてしまった私は結局退職することになり、今では普通の会社員として働いていますが、人間関係にそれ程悩まされることもなく平和にやってます。